予防法務

  • 2019/12/12
You are here:
< Back

読み
よぼうほうむ
意味
将来において、契約の当事者間などで法的な紛争が生じないよう、法律知識や法実務上のノウハウを駆使して、事前に法的措置をとることをいう。通常は民事における概念であり、いわゆる裁判沙汰にならないための事前合意の厳密化と考えると理解しやすい。また、予防法務は、近年弁護士を始めとする各士業界において重要視されている。

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る