マグニチュード

  • 2019/8/27
You are here:
< Back

読み
まぐにちゅーど
意味
地震の際に使用される用語で、地震の大きさ、すなわち地震が発するエネルギーの大きさを表す指標のことをいう。地震国である日本では、「気象庁マグニチュード」と呼ばれる、迅速な計算が可能であることに主眼を置いた指標が用いられている。ただ、今日最も広く使われている指標は、どのような大きな地震でも正確に表現できると言われている「モーメントマグニチュード」である。

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る