テクノロジー

  • 2019/10/16
You are here:
< Back

読み
てくのろじー
意味
特定の分野における知識の実用化、あるいは科学的知識を個別領域における実際的目的のために工学的に応用する方法論のことをいう。そこから派生して、科学的知識を用いて開発された機械類や道具類を指すこともある。また、エンジニアリングや応用化学を扱う知識の一部門とされたり、組織的手法、技術といった、より広いテーマを指したりすることもある。
グローバル化とテクノロジーで経営はどう変化するのか?

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る