スチュワードシップ・コード

  • 2019/8/26
You are here:
  • KB Home
  • スチュワードシップ・コード
< Back

読み
すちゅわーどしっぷ・こーど
意味
金融機関による投資先企業の経営監視など、コーポレート・ガバナンスへの取り組みが不十分であったことが、リーマンショックによる金融危機を深刻化させたことの反省に立ち、英国で2010年に金融機関を中心とした機関投資家のあるべき姿を規定したガイダンスのことをいう。代表的な機関投資家には、生命保険会社や投資信託会社、年金機構などが挙げられる。

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る