労働安全衛生法

You are here:
< Back

読み
ろうどうあんぜんえいせいほう
意味
労働者の安全と衛生を確保するために定められた法律のことをいう。労働基準法から独立分離し、昭和47年に誕生した。安全と衛生の確保のほか、快適な職場環境の形成と促進を目的としており、具体的には労働災害の発生防止や従業員の健康管理などを行うものである。

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る