最低賃金法

  • 2019/3/28
You are here:
< Back

読み
さいていちんぎんほう
意味
一般水準より賃金が低い労働者の労働条件向上、生活の安定を図るために、業種、職業または地域に応じてその賃金の最低額を保証する法律のことをいう。最低賃金は、厚生労働大臣または地方労働基準局長が労働契約あるいは中央、地方最低賃金審議会の調査および審議に基づいて決定する。個々の労働者との契約で、使用者が最低賃金額に達しない賃金を定めても、その部分は無効となる。

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る