家族信託

  • 2019/4/15
You are here:
< Back

読み
かぞくしんたく
意味
資産を持つ方が、特定の目的に従って保有する不動産、預貯金等の資産を信頼できる家族に託し、その処分や管理を任せる仕組みのことをいう。後見制度に代わる柔軟な財産管理、法定相続の概念にとらわれない「想い」に即した資産承継を実現できる。資産を引き渡して信託を設定する者を「委託者」、委託者から資産を引き受け、信託の目的に従って資産を管理、処分する者を「受託者」、財産の管理・処分によって得られる利益を受ける者を「受益者」という。

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る