健康保険法

You are here:
< Back

読み
けんこうほけんほう
意味
労働者とその被扶養者が対象となる、業務以外の病気やケガ、死亡や出産などの医療保険給付について定められた法律のことをいう。1922年に制定され、この法律に定められた業種の中で、5人以上の従業員が常時いる場合には健康保険に加入することが義務付けられている。2002年にはサラリーマン自身の医療費の自己負担額が2割から3割に引き上げられた。

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る