中小企業が設立から10年で倒産する確率は9割以上?

独立して起業することを検討する際に知っておきたい情報に「会社生存率」があります。

会社生存率とは?

法人は法務局に会社設立の登記申請を行うことから始まり、破産手続きを行わなければ抹消することはできません。

会社生存率とはそのような情報を基にして、国税庁が中小企業の設立から倒産するまでの期間を調査しデータとしてまとめたものですので倒産する確率を知る材料と言えるでしょう。

会社生存率のデータ

会社が設立してから存続する確率は次の通りです。

・設立5年後の存続率…14.8%
・設立10年後の存続率…6.3%
・設立20年後の存続率…0.4%
・設立30年後の存続率…0.021%

新しく会社組織が設立されても、30年経てばほとんど残らないというデータになっています。

なぜほとんどの会社組織は生き残れないのか

日々新しい法人が設立されているのにもかかわらず、存続する確率が上記のように低いということはその分倒産する確率が非常に高いということになります。

なぜ組織として生き残っていくことができないのかは、次のような理由が考えられます。
・資金がショートしてしまう

会社として存続するためには当然のことながら柱となる資金が必要です。

資金がなければ取引先に仕入れ分の支払いはできませんし、従業員に給料を払うこともできないからです。

それだけでなく金融機関からの借入分の返済もできなくなり、税金を納めることもできなくなります。

倒産した企業の9割以上はこの資金ショートが原因で、金融機関から融資を受け顧客から入金が順調な間は倒産することはありません。

しかしお金が上手く流れなくなった時点で経営は悪化していきます。
・時代の流れに逆らった経営方法

会社を経営するにあたって販売する商品というものが必ず存在します。

形として残る商品かは売るものによって違いますので、美容院であれば髪を切ること、印刷会社なら製本などを行うこと、情報を売るビジネスなど商品として存在するものは様々です。

時代によってその時期に流行るものは異なりますが、時代の流れに乗れない場合は衰退してしまいます。

会社の倒産確率が高い中でも生き残るために

独立して起業した時は経営を波に乗せて大きくしていこうという意欲も高いでしょうが、数年後に存続する会社はほんの一握りしかいないというのが現状です。

会社を存続させていくためには、どのような業種でもそれぞれ何が今の時代にヒットするのか、顧客のニーズに合っているのかを常にアンテナを張り巡らせておく必要があると言えるでしょう。

流行に乗りつつ新しいことを取り入れていける体制が整備されていかなければ、経営は破綻してしまうことになることを念頭に入れておきましょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

意外と知らない重要製品事故って何?その内容と意味... 重要製品事故という言葉をご存知でしょうか? 今回は経済産業省が定める重要製品事故を解説させて頂きま...
人生100年時代の働き方~その神髄とはいったい?~... 近年話題となった書籍の中で、「人生100年時代」というキーワードが提言されて話題となりました。 そ...
中小企業のBCP策定の重要性は?... BCP(事業継続計画)は上場企業など規模の大きな会社のものであり、中小企業には関係がない、それほど必...
製造業:製造業者はリコールリスクをどう考えるべきか?... 製造物はメーカーから卸売業者を経て小売店に卸し、最終的に消費者の手に渡るという流れ一般的です。 し...
株主代表訴訟の7割は未上場の企業が占めている... 株主代表訴訟は、株主が会社に代わって取締役など役員の責任を追及するための訴訟です。同族間で株を持ち合...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る