従業員の福利厚生を充実させよう!退職金の準備について

従業員にとっては最終目標にもなる退職金の存在

企業が社員など従業員を大切にしているかどうかの目安は福利厚生の充実さが基準になるでしょう。日本は高齢化が進む中で、将来リタイアした後に退職金がもらえるかどうかは大きなポイントになります。優秀な人材には長く働いてもらいたいと思う企業にとって、退職金は重要なアイテムとなります。

自力で資金を貯めることは困難

ただし退職金としての資金と他の資金とを区別することが難しく、さらには利益の中から貯めていくことで法人税が発生します。そして貯めた退職金を従業員に支払う際には多額の損金を計上することになるというデメリットが発生するため、中小企業が従業員のための退職金を自力で貯蓄すること難しいでしょう。

福利厚生を充実させるための退職金の適切な貯蓄方法

従業員の退職金準備のために適切な方法で貯蓄を行うために必要なのは、
① 退職金用の資金を会社資金と区別しながら積み立てる方法であること
② 金額の一部もしくは全部を損金算入できる方法であること
③ 退職金支払時に益金計上可能な方法であること
これらが組み合わさった方法で貯蓄できることがベストです。

中小企業が利用しやすい公的制度

中退共が運営する制度に「中小企業退職金共済」があります。事業主が掛け金を出し合って国がその一部を助成するという運営方法が行われているためリスクが低いという特徴があります。

また、掛金の全額が損金算入されますし、国や地方自治体から助成を受けることもできます。加入する手続や退職金を支給する手続も簡単ですし、退職金支払時には直接中退共から従業員に支払いが行われるため会社の損金に影響がありません。また、加入できる中小企業の範囲も広いことから検討がしやすいというメリットもあります。

中小企業退職金共済のデメリット

中小企業退職金共済からの退職金の支給は、加入して11か月目まで支給が行われないということ、12か月目から23か月目に関しては総額を下回った額の支給になります。最短でも24か月という期間が必要になります。

また、加入した後に企業業績が悪化すれば当初予定していた掛金を減額したくなるというケースも発生するかもしれません。その場合には従業員の同意を得るか、厚生労働大臣からの認定が必要になるため減額の手続が面倒です。

そして退職理由を問わずに従業員へ必ず支給させるという性質のもののため、例え懲戒解雇した場合でも支給は行われます。減額は可能でも減額した分の掛金は没収されてしまいます。

民間の保険を利用する方法も

中小企業退職金共済は公的制度ですが、民間の保険会社の養老保険や終身がん保険などを福利厚生プランとして利用することもできます。従業員の福利厚生を充実させ、リタイア後にはしっかりと退職金がもらえるということであれば企業の士気向上にも繋がるでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

企業経営に大きな影響を及ぼす未払い残業代... 近年、企業の残業代が支払われていないことに対して、従業員や退職した人が企業に請求するといった動きが見...
企業活動を阻害する火災や爆発によるリスクとは... 近年の技術革新が行われ生産の効率性は飛躍的に伸びて事業が巨大化している状況です。 しかしその一方で...
近未来の介護、在宅医療でもロボットが大活躍!... 高齢化が進む現代、介護というのは家族にとって大きな負担となっているケースも少なくありません。 また...
海外展開!意外と知らない現地人材の採用問題とは?... 日本国内はすでにあらゆる業種で成熟期を迎え、商品やサービスの同質化・価格競争の激化など会社経営を行う...
金属製品製造業:金属製品製造業に必要なリスクアセスメントの実施方法とは... どのような職業でも様々な作業があり、作業方法が採用・変更・機械化などが進むなどで実態や特性に合う安全...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る