vuca時代を生き抜く働き方とは?

現代社会は、目まぐるしい変化の中で進んでいます。
そのような社会で取り残されず、生き抜いていくためにはどのような働き方をすべきなのか考えなければなりませんよね。
ほとんどの方は、今も明確な回答を模索中かもしれません。
そこで今回は、”vuca”という用語を解説しながら、現代の働き方について考えていきたいと思います。

そもそもvuca時代とは何なのか?

働き方を考える前に、みなさんは”vuca”という言葉を聞いたことはありますか?
これは、つい最近使われるようになった言葉で、ある4つの単語の頭文字を取って作られた用語になります。
その単語とは、volatility、uncertainty、complexity、ambiguityになるのですが、それぞれの意味はどうなのでしょうか?

それぞれ、変動性、不確実性、複雑性、曖昧性を意味しており、これら単独では意味が繋がりづらいところがありますよね。
しかし、これらを社会の状況に当てはめてみて下さい。
現在の社会は、昔と比べると変化が激しく、より問題が複雑化しやすい傾向にありますよね。
インターネットや、SNSの発達により、その傾向は顕著なものになったと言えるかもしれません。

特に、SNSの発達は、情報収集をしやすくしただけでなく、本当の情報かどうかを常に精査しなくてはならないでしょう。
また、最近では動画の配信を自ら行うという人も増えてきましたよね。
その結果、良いこともあれば、トラブルに発展してしまうという事例が出ていますし、それはみなさんもすでにご存知かと思います。
そのため、情報の精査や発信、受け取り方すべてを通して、私たちは情報の扱い方に注意しなければならなくなったと言えるでしょう。

このような社会では、情報の扱い方を知らなければ、その流れに流されていってしまう可能性があります。
そうなると、自分の意志で物事を考えて判断する、ということができなくなってしまうかもしれません。
不安定な社会の状況下では、どのような働き方が求められるのでしょうか?

変動する社会で生き抜くための働き方とは何か?

vuca時代の社会を生き抜くためには、働き方や経営の仕方に柔軟性を持つことが求められます。
常に新しい情報や仕組みが登場するからこそ、1つの物事に固執してしまうとどうなってしまうのか想像ができますよね。
固執し続けることは、良いことでもありますが、現代ではあまり好ましいこととは言えないでしょう。

そのため、状況によっては、社外の人たちとの関わりも重要になりますし、協力し合って行動することが求められますよね。
新しい考え方が入ることは、みなさんの働き方にも強い影響を与えるでしょう。
また、現在は仕事で通用しているスキルも、新しい変化によって、早くも古いスキルになってしまうかもしれません。
つまり、スキル面で時代に乗り遅れてしまうことも、あり得るということです。

それを避けるためには、従来の働き方やスキルの観念にとらわれず、粘り強い意志で働いていくことが求められるでしょう。
例えば、今までとは違った働き方に転換するという決断をすることが挙げられますよね。
昔は常識であった内容も、今は違うということはよくありますから、仕事上の常識も移り変わっているでしょう。
みなさん自身の判断で物事を決めることは、難しい状況を打開するためには必須の要素であると考えられます。

従って、柔軟性を持ちながら粘り強く行動し、自ら判断するということが、これからの社会で求められる働き方なのかもしれません。
今までの働き方では、様々な変化に対応できなくなってきていますので、ここが転換点になります。
みなさん自身の働き方は、時代についていけるでしょうか?
今一度、考えてみても良いですよね。

参考URL nomad journal
(https://nomad-journal.jp/archives/6928)

まとめ

今回は、vuca時代を生き抜くための働き方について、みなさんと一緒に考えてきました。
より多くの情報を得ることができるようになった現代では、ともすると情報の波に埋もれてしまい、自分の意思を見失ってしまう場合があります。
働き方も同様で、新しい情報や技術に取り残されないよう、柔軟に粘り強く対応することが求められるでしょう。
どのような状況であっても、やはり自分の意思を持って決断することが重要です。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る