マイナンバー漏洩のリスクに注意!流失したら罰則はある?

マイナンバーは国民一人ひとりに割り振られた番号です。税、社会保障、災害対策など行政手続きに使われる番号ですが、今後はさらに利用目的が拡大される可能性も否定できません。

マイナンバーは現在限定されて使用されているため、秘匿性が高いものだと言えるでしょう。そのためマイナンバーを含む特定個人情報を意図的に流出させた場合や、不正取得した場合には、厳しい罰則が用意されています。

罰則規定が適用されるのは悪意がある時のみ?
罰則については、あくまでも意図的なものや悪意のあるものに対してなので、うっかり流出させてしまった場合は罰則が準備されていません。しかし個人のプライバシーを侵害するものですので、企業としては厳重に管理を行う必要があります。

マイナンバーは厳格に規制される情報
個人情報とは、氏名、年齢、住所など個人を特定し識別することができる情報です。そのうちマイナンバーと結びつけられる個人情報は「特定個人情報」として扱われます。

特定個人情報はただの個人情報ではなく、個人情報よりもさらに秘匿性が高いものとして扱われるため、本人から同意を得ても本来の利用目的を超えた収集や保管、提供はできないことになっており、厳格に規制がされています。

民間企業に課される罰則とは?
マイナンバーが漏洩するリスクは、番号を扱う国や地方公共団体など行政だけにあるわけではありません。

民間企業のセキュリティ対策は公的機関ほど高くないことが多いので、マイナンバーが漏洩してしまうリスクは決して低くありません。

例えば社会保障や税の手続きを行う担当者からマイナンバーの情報が洩れるというリスクもあります。
・実務担当者からのマイナンバーが漏洩した場合

正当な理由なく個人情報ファイルを外部に提供した場合には、4年以下の懲役又は200万円以下の罰金、もしくは併科されます。

業務上知り得た個人情報を漏洩・盗用した場合には、3年以下の懲役又は150万円以下の罰金、もしくは併科されます。
・暴力、脅迫、恐喝でマイナンバーを取得した場合

暴力、脅迫、恐喝など実力行使でマイナンバーを取得した場合には、3年以下の懲役又は150万円以下の罰金が科せられます。
・不正に個人番号カードの交付を受けた場合

なりすましなどで不正に個人番号を取得した場合は、6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。

マイナンバーが漏洩しない管理体制の構築を
マイナンバー漏洩のリスクは行政だけにあるわけではありません。民間企業でもマイナンバーの扱いを担当する者が不正を行った場合には、厳しい罰則を受けることになります。

情報の漏洩は企業の信用問題にも大きく関わることとなりますので、担当者の教育や管理体制の整備が重要になります。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

中小企業が設立から10年で倒産する確率は9割以上?... 独立して起業することを検討する際に知っておきたい情報に「会社生存率」があります。 会社生存率とは?...
教育関係:幼稚園の新築や改築の際には補助金を受け取ることが可能?... 経営している私立幼稚園が老朽化し、園児たちが安全にそして快適に過ごすことができるようにするために園の...
債務不履行リスクとは 信用リスク、クレジットリスク、もしくはデフォルトリスクと呼ばれているものが債務不履行リスクです。 ...
健康経営/なぜ人材確保に役立つのか?... 日本は少子高齢化が進んでいることで生産性の低下も企業にとって深刻な問題となっています。 現在注目さ...
中小企業にとって顧問弁護士は必要か?... 一昔前は義理人情のビジネスでも成り立っていましたが、近年ではコンプライアンスの重要性が高くなり法律を...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る