企業における巨大地震による津波対策について

巨大地震はいつ発生しても不思議ではない

日本は島国であり、断層が重なっている地域が多いことからもわかるように、地震、津波、台風、洪水、噴火など様々な自然災害が発生するリスクが高い国です。特に地震は今後首都直下地震や南海トラフ地震など巨大地震がいつ起きてもおかしくないと言われている状況であるため、政府はそれぞれの地震に対しての協議会や検討会を設置して検討を行っています。

予想される津波の高さ

首都直下地震についてはM7クラスの規模で起こると考えられており、相模トラフ沿いの最大クラスの地震の場合、東京湾内では3m程度、東京湾以外の神奈川県、千葉県では10mを超す津波が発生する可能性もあると言われています。

また、南海トラフ沿いの巨大地震は今世紀前半にも発生する可能性が高いとされている。地震発生から数分で沿岸に大津波が到達し、その最大値は関東31m、東海33m、近畿27m、四国34m、九州17mという予想がされています。

企業がすべき地震な津波への対策

地震の際に発生の可能性がある津波に対して警戒を強めながら、ソフト面とハード面の両面で具体的な対策を行うことが望ましいでしょう。津波対策として、ハード面ではインフラ整備、ソフト面では避難訓練、防災意識の向上、ハザードマップ作成など徹底した対策により人的被害を削減することに繋がるでしょう。

・建物や設備への対策
都府県が想定する浸水域に事業所の拠点がある場合、拠点・設備の移転、位置の嵩上げなど将来的に必要になることを長期的な計画によって実施することが望ましいでしょう。

・従業員の避難場所
何よりも人命第一であることから、避難場所は複数か所検討しておくことが望ましく、浸水しにくい地域の場所などを教育しておくことが望ましいでしょう。
避難場所が津波避難ビルの場合、夜間の際に入館する方法を確認しておく必要もあります。

・被害想定における定性的な情報の活用
人的被害総数が都府県によって異なるのは堤防の損壊や沈下が発生するかどうかも原因の1つです。津波が来襲しなかった場合でも、堤防近くでは損壊や沈下による浸水が発生し避難する必要が出てくるかもしれません。そのような情報を従業員に事前に伝えておくことも大切です。

津波の発生に備えて企業ができること

巨大地震が発生した場合の人的被害に着目した場合、津波による割合が高くなることが予測され、人的被害の主因といえるでしょう。地方自治体が想定する津波の浸水域は広い範囲で設定されており、企業はこれらを参考にして建物や設備の対策、避難計画などの対策を前もって検討しておく必要があります。

首都直下地震や南海トラフ地震がいつ起きるのか誰も予測がつきません。しかし頻度から考えてもいつ起きてもおかしくない状況です。巨大地震の発生で想定されるのは津波です。津波は大きな人的被害・建物被害をもたらします。企業としては従業員の安全や生命を守るために、事前に様々な対策を行っておく必要があるでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

誤って顧客データを削除するなどIT業界に起こりうる事故とは... 世の中はIT化が進んでいますが、その裏側ではIT企業が様々なリスクを抱える状況になっています。 I...
海外展開における現地社員との正しい付き合い方とは?... 海外展開を行なっている、もしくはこれから行う企業にとってその国の文化や国民性などを理解することは非常...
時代の変化、市場の変化に対応出来る営業スタイルとは?... 会社の業績を伸ばすためには多くの場合顧客数を開拓する必要があります。 BtoCなら個人顧客、Bto...
マイナンバーがビジネスチャンスに活躍する?... 2016年からマイナンバー制度が開始されましたが、このマイナンバー制度は中小企業にビックチャンスとな...
ソーシャルメディアによる会社のリスクは?... インターネットやスマートフォンが普及した事により、日常生活にソーシャルメディアは浸透し続けています。...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る