増えています、会社従業員からのまさかの訴え!

cc0160170610_TP_V4

近年では未払い残業代を巡って労働者と会社が労働審判や訴訟問題に発展するケースも多く、訴えられる側となる会社はそのリスクについて理解しておく必要があるでしょう。
従業員(解雇の場合などは元従業員)からの訴訟や労働審判という場合、労働組合や会社代理の弁護士を相手に交渉が行われていれば交渉段階で次に訴訟や労働審判に発展する可能性は予測できます。
しかし交渉は行わずいきなり訴えられるケースもありますので、会社にある日突然裁判所から訴状(労働審判申立書)が届いた場合の初期対応について確認しておきましょう。


ある日突然訴状が届いたら?
裁判所から訴状が届いてから訴訟(労働審判)の第1回期日までは約1か月なので、時間的余裕がありません。期日の1週間前くらいまでに訴状内容を認めるかどうかを確認し、反論があれば答弁書に述べる必要があります。
答弁書を作成までの作業量は少なくなく、添える証拠も必要です。たった3週間で完成させるためには綿密な計画の上で作業が必要です。その限られた準備期間内で完成させるためにも早急に弁護士に相談する事が適切と言えるでしょう。

 
弁護士に相談した後は何をすれば良い?
ただし弁護士に相談すれば、あとは任せておけば良いわけではなく、会社側も答弁書を作成する上で訴状内容を認めるかどうか、事実経緯の整理、資料収集などが必要です。

・内容を認めるか認めないか
訴状内容を認めるのか、否認するのか、知らないなら不知といういずれかに分け認識を示します。
仮に認めれば後で事実が間違っていた場合でも否認することは出来ず、会社は不利な状況に陥る可能性があります。
過去のことなので忘れている、または事実を知らないという場合でも、関係者に確認を取りながら資料を確認して認否作業を行いましょう。

・事実経緯の整理
訴状には訴える側の従業員にとって有利な事情だけが記載されていますので、会社が有利になる事情を含めた主張を答弁書で述べていく事が必要です。
労働審判になると期日は原則3回までなので、第1回期日まで会社側から一通り主張を行うための事実経緯の整理が必要です。

・証拠書類の収集
会社の主張が正しい裏付けの資料が必要ですが、このように問題が起きそうな事案は事前に資料を整理しておく様にしましょう。
従業員とのやりとりが口頭のみで書面に残していないケースが多く、資料残されていない事がほとんどです。このような場合は関係者の供述を書面として起こす事になりますが、事前に従業員とのやりとりは書面に残しておく事で後に問題が起きた時役立ちます。

 
もし訴えられたら早急な対応が必要
この様にある日突然従業員からの訴状が会社に届くケースも十分考えられます。その場合には早急に弁護士に相談し、特に労働審判申立書は1日を争う状況である事を理解しておく必要があるでしょう。

最新の記事

関連記事

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 0021

    2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…

ピックアップ記事

  1. 0021
    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 6600ccbc30f654464dd4e4ec37d09445_s
    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_s
    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 6de15d75a35569cf0bddb9321238ade1_s
    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 054
    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
  6. 021
    マイナンバーは国民一人ひとりに割り振られた番号です。税、社会保障、災害対策など行政手続きに使われる番…
  7. 21d1f074051f1ad6eeb2371794bf75c5_s
    企業や個人、そして年代を問わずに年金に対して漠然とした不安を多くの人が抱えています。 年金制度が破…
  8. 5c9bae65656a44f69631d657e4c1de79_s
    個人情報保護に関しての考え方や方針に関する宣言とも言えるものがプライバシーポリシーです。 個人情報…
  9. 15c9339bfaca9d5f58dc98a506def579_s
    会社の組織や運営について根本規則を定めたものが定款ですが、定款の記載事項には1つでも記載がないと無効…
  10. 53b3a0ae8bbf4ffe6902ddb31a2d881f_s
    PL法は正式名称を「製造物責任法」と言い、製品に欠陥があった場合業者の特殊な責任について定めた法律で…

話題をチェック!

  1. 0021

    2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 6600ccbc30f654464dd4e4ec37d09445_s

    2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_s

    2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 6de15d75a35569cf0bddb9321238ade1_s

    2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 054

    2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る